医者達
発見も治療も早めに
包帯を巻く様子

どんな病気も早期発見と早期治療で完璧に治すことが出来ます。特に女性には乳がんが多く、月に一度セルフケアをすることを勧められています。また日頃から常に対策をする必要があります。

Read more

乳がんの治療
医師と患者

女性特有の病気に乳がんがあり、早いうちに検診をしておくことが勧められています。発症する年齢には30~40代とも言われていて、晩婚化などからこの年代で出産をする人も多いので早急に検診をすることです。

Read more

早期発見と軽減
手術風景

病気は早期発見をすることで改善することが可能ですが、症状が悪化してしまうとそうもいかなくなってしまうので注意が必要です。早期発見の方法には検診だけけでなく将来的にはスマホやパソコンを使うとも言われています。

Read more

現状について
笑顔の医師

どんな病気でも最近では技術や化学の進歩から色んな手術方法が開発され、健康的な身体を取り戻している人は沢山います。最近ではメスを使わないという方法もありますので安心です。

Read more

3つの治療方法

医師と入院患者

腰部脊柱管狭窄症は物理療法と薬物療法が主体となっていくと予想されます

腰に係る病気は世の中にとてもたくさんありますし、人間がほかの動物にはない二足歩行を基本としていることや、高齢化社会が本格化するなかでは、病気がより幅広くかつ複雑化することは、十分予想されるべき事実です。 こうした腰に係る病気のうちで、最近とくに増加傾向にあって、多くの人に身近になってきている病気が腰部脊柱管狭窄症で、なかでも高齢者では経年変化が伴うことから、この病気を患いやすいのです。 この腰部脊柱管狭窄症の治療法としては、低周波や牽引療法などの物理療法と、ブロック注射や内服薬などの薬物療法と、手術療法の3つが大きな柱になっていますが、今後はこのうち物理療法と薬物療法が主体となっていくと予想されます。

基本的な治療を見直すことが大切です

理由としては、高齢化社会がより進んでくると、高齢者というのは体力的な低下や基礎疾患が若い時に比べて多くなるものですから、腰部脊柱管狭窄症の治療は手術療法の適応よりも、先述の物理療法や薬物療法の適応の方が多くなっていくのは、自然な流れとも言えるからです。 例えば、物理療法は1回に現れる効果は少ないのですが、それをしっかりした管理の下で丹念に行うと、意外なくらいに大きな効果を発揮することが可能です。 また、薬物療法はコンプライアンス不足から服薬を忘れるなどがありがちですが、しっかりとした管理の下での服薬へと改善すると、今よりも大きな効果が期待できます。 このように、今後の腰部脊柱管狭窄症の治療は、しっかりとした管理の下での基本的な治療を見直すことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加